STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

肩を痛めて早6週間

筋トレで肩を痛めてから、早6週間が経過しています。

4週間目でだいぶ良くなったかなと思って、10キロのダンベルでベンチプレスをしようとしたら、痛みが全然引いていませんでした。そこから2週間が経過しましたが、だいぶ良くなってきた感じです。

肩を一度痛めると、完治するのに時間がかかると聞いていましたが、本当に時間がかかります。

昨年のNBAドラフトでいの一番に指名されたマーケル・フルツ君(ワシントン大学)は、肩の怪我でルーキーシーズンをほぼ棒に振りました。肩の怪我なんか早く直して試合に出んかい!と当事者ではないので他人事のように思っていましたが、肩の怪我というのは長引くのです。結局、ドラフト1位で指名されたのに、まったくインパクトを残せずのシーズンになりました。他の新人がすごく活躍しているので、余計に目立ちます。

野球でも、投手は肘は一度壊してもなんとかなるが、肩を一度痛めてしまうと二度と元のようには投げられないと聞きますし、やはりデリケートかつ重要な部位なのだと思います。

怪我をしないためには、無理な重量は控えるというのと、十分な休養を取るということ、しっかりストレッチをして身体を温めてから筋トレを行うというのが肝要です。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-05-27_11:36|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント