FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

AMAZON

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

パタヤへの家族旅行その③

最終日もやはり、プール三昧です。
チェックアウトを12時から14時に変更してもらいました。空いている時期だと融通がきくようです。

朝7時半に起き、9時まで朝食を食べ、その後プールへ。ルームサービスでお昼を注文し、食べた後に最後のプール遊びをします。

息子は、疲れとプールを離れる名残惜しさで大号泣でした。これだけ泣くとさらに体力が消耗するよなあと思います。

初パタヤの印象ですが、とにかく中国人が多いなと言う印象です。地球上の人口と中国人の人口を比べたら、その比率は5対1くらいのはずなので、世界中どこに行ったって、中国人には会うと思うのですが、それにしても多いです。タイには、中国人の琴線に触れる何かがあるんでしょう。

タイ自体、ゆるい雰囲気が漂っていますが、パタヤのゆるさと言うか開放感というのはなかなか凄いなと思います。カリブ海的なゆるさとはまた少し違った印象です。どう違うのかうまく説明できないけれど、パタヤの雰囲気というのは、なにかこう世捨て人が集まってできた風な印象です。かなりレイドバックしています。

バンコクからパタヤまでバスであれば、1人108バーツ(約360円)で行けます。とにかく安い。しかし、パタヤ内でタクシーを使うと意外と高い。例えばパタヤ中心から北バスターミナルまで300バーツ(約1000円)。パタヤ中心から10キロ程度離れたレストランまでソンテウで200バーツ(約700円)。帰りのバスの乗り心地は悪くなかったです。寝れなかったけれど。

またパタヤに来たいかと言われると、正直うーんという感じです。タイには他にも行くべきところがありそうなので、そっちが優先されると思います。一回来ると十分かなと感じています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-05-26_13:55|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント