FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

AMAZON

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

テレビ電話で進路相談をやってみた

国際協力を生業とする友人から連絡がきました。

最近彼は、国際協力をやりたいという大学院生と知り合ったらしく、この大学院生を紹介されました。さっそく、この大学院生から連絡があり、スカイプを使っていろいろお話をできないかということでした。具体的に、進路相談と開発コンサルの仕事についていろいろ聞きたいようです。

こういう前向きな学生の力になりたいと常々思っていたので、さっそく日時を設定して、スカイプ電話をしました。

この大学院生は、関西の某大学で比較教育を学んでおり、現在博士課程3年目です。来年3月に卒業なので、就職活動を開始しています。JICA、国連、商社、開発コンサルを目指しているとのこと。

結局彼とは1時間半くらい話をしました。
日本のODA事業や具体的な仕事内容について、基本的なことはしっかり勉強をしている印象をうけました。

彼から受けた主な質問は以下の通りです。

• 国造りについてどう思っているか?
• 国造りとは具体的にどういうことか?
• どういう時にやりがいを感じるか?
• 良い案件とはなにか?
• どういった資質が求められるか?

僕自身も話をしながら、あらためてなぜ自分はこの仕事をやっているのか再認識することができましたし、普段ボンヤリと仕事について考えていることを口に出して話をすることで整理された気がします。

彼にとって僕の話がどの程度役に立ったかわからないけれど、この業界に興味のある若手と話をすることが出来て有意義でした。

またこのような機会があれば、引き受けたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-04-12_05:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント