FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

スポンサードリンク

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
66位
アクセスランキングを見る>>

【映画】Eric Clapton : A Life in 12 Bars

映画を見てきました。
場所は、アソックのターミナル21の最上階にある映画館です。ターミナル21で映画を見るのは初めて。ここはいつでもタイ人と観光客ですごく賑わっているので、あまり好きではないのですが、上映時間の関係でここにしました。

エリック・クラプトンといえば、世界3大ギタリストの1人ですが(ほかはジェフ・ベックとジミー・ペイジ)、この3人のうちでは一番有名かと思います。他に二人に比べて今でも一線で活躍しているし(今年で73歳!)、歌が歌えるし、ヒット曲が多いというのがその理由です。ジェク・ベックもジミー・ペイジも、今は何をやっているのだろう?世捨て人みたいな生活をしているんだろうなと勝手な憶測です。

エリック・クラプトンの人生というのは、波乱万丈につきると思います。ロックアーティストの人生は波乱万丈と相場が決まっていますが、その中でもクラプトンの人生はなかなかハード・ライフです。

まず、彼の人生の中でももっとも負の影響を与えたのが、【母親に捨てられてしまった】こと。これが彼の人生に与えたインパクトは計り知れないと思います。劇中でも出てきますが、クラプトンが9歳の時に母親と再会した際に、母親にこう聞きます。

クラプトン「僕のママになってくれる?」

母親「NO!」

こんな鬼畜な母親が世の中にいるんだろうかというくらい酷いです。こういう環境で育つと、やはり普通には育たないようで、青年時代のクラプトンはかなりひどかったです。ギターが上手くなければただの駄目なやつじゃないかというくらいのダメンズです。パーティ・アニマルで、ヘロイン中毒&アルコール中毒、挙句の果てには大親友の奥さんを奪ってしまうという。この大親友というのが御大ジョージ・ハリスンです。エリック・クラプトンとジョージ・ハリスン、音楽家としてどっちの格が上かというのは気になります。個人的には、クラプトンなのかなと。

もうひとつ、彼の人生に大きな影響を与えた出来事は、91年に起きた悲劇です。イタリア人の恋人との間にできたコナー君(4歳)が高層ビルから転落死してしまいます。家政婦が窓の掃除をした後に閉めないで開けっ放しにしてしまったということですが、痛ましい事故です。

40歳でできた初子の存在は、クラプトンにとっても非常に大きなことだったようで、子どもができたことにより、精神的に成熟できたと劇中の当時のインタビューで語っていました。そんな中で起きた事件ですから、周りの人はまた彼がドラッグやアルコールに溺れるのではないかと心配したそうです。

この息子の死を悼んで作られた曲が、クラプトンの最大ヒット曲で最も有名な曲になったTears in Heavenです。



涙なしには聴けない号泣バラッドです。

劇中の最後で、現在の妻と3人の娘とのシーンが出てきますが、60歳を過ぎてから訪れた幸せが描写されており、【人生いろいろあったけれど、やっと幸せに巡り会えたよ】というクラプトンの表情を見ていると、本当に良かったという気持ちになります。武道館の映像が挿入されています。

僕は、アメリカ南部発祥のブルースという音楽がそれほど好きではないので、そのブルースを基に作られたクラプトンの初期の作品(ヤードバーズやクリーム)は正直あまり好きではないというか、興味を持てないのですが、ソロの作品は好きです。

この映画の中では、いろいろな音楽やライブシーンが出てきますが、この曲あ特によかったです。1969年のハイドパークでのコンサートです。ボーカルは、スティービー・ウィンウッドですね。ゴスペルっぽいです。



村上春樹はクラプトンが好きなようでランニングの最中にクラプトンを音楽を聴いているようです。その中でも好きなアルバムが以下です。いわく、「「押しつけがましさやわざとらしさが微塵もない。リズムは常に確実であり、メロディーはあくまでも自然だ」。


レプタイル
レプタイル
posted with amazlet at 18.04.02
エリック・クラプトン
ワーナーミュージック・ジャパン (2001-03-02)
売り上げランキング: 16,986


クラプトンの自伝を読んでみたくなりました。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2018-04-03_08:57|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント