FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

AMAZON

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

だいぶ暑くなってきたけれど、パラグアイやニカラグアに比べるとマシかな

バンコクに赴任して、もう少しで10ヶ月が過ぎようとしています。

また、暑い日々がやってきました。
最近、気温が急に上昇してきたように感じます。
最高気温34度、最低気温27度くらいで推移しています。
タイは、4月5月が一番暑いので、これからさらに気温が上昇していきます。

でも、中南米たとえばパラグアイに比べるとバンコク(タイ)の暑さは柔らかいという気がしています。十分暑くてサウナにいるような暑さなのですが、パラグアイの暑さに比べるとソフトなのですよね。

パラグアイの暑さというのは、まず太陽の強さが暴力的でした。暴力的というか殺人的というか。突き刺さるような陽の光。あれは強烈でした。中米のニカラグアも同様のタイプの暑さでした。よく言われるのは、直射日光に置いてある車の窓に水をぶっかけると割れてしまうというような暑さです。実際に見たことはないですが。

タイの暑さは自分に感じる分にはソフトなので、気温は高いけれど、パラグアイやニカラグア在住時に比べると肉体的負担はそれほどでもありません。もちろん、負担はありますが、あそこまで消耗するものではないように感じています。

だからと言って、暑いのが好きかと言われるとあまり好きではないです。涼しいほうが体調は良いですし、気分も前向きになるように思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-03-06_07:46|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント