FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

スポンサードリンク

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
123位
アクセスランキングを見る>>

たまに、ASOK周辺で昼食

職場は、バンコクから少し離れた場所にあります。毎日そこまで通勤しています。ただ、ごくまれにASOKまで行くことがあります。今日は、終日ASOKにいました。

ASOKで仕事をする場合、昼食に困ります。

たくさん、選択肢があるのですが、どれも高い(高く感じる)のです。普段、職場の食堂で35バーツ(約120円)の昼食を食べていますが、それに比べるとはるかに高いです。ショッピングモールのターミナル21にはフードコートがありますが、ここで一皿注文すると60-80バーツくらいかかってしまいます。他にも食べるところはあり、例えば今日はサブウェイでサンドウィッチを食べたのですが、単品で95バーツ(約320円)もするので、購入する前にしばし考え込んでしまいました。ちなみに、セットにすると130バーツくらいになり、400円を超えます。

でも、こちらが躊躇しているのですが、このようなフードコートやファストフードの店は、タイ人で賑わっています。彼らにとっては、お昼に300円~500円出すのは普通の感覚なのでしょう。そんなに給与は高くないと思うのですが。タイ人は、あまり貯蓄をしないといいますし(ラテン人と一緒)、受け取った給与はその月のなかで全て使ってしまうというのが、彼らの一般的なライフスタイルだと思います。

ただ、面白いのは、中華系タイ人というのは一般的なタイ人とは少し違っており、資本の蓄積を大切にするんですね。これは中国人もそうなのかな?資本を貯めて、小さな店をひらき、徐々に拡大させていき、子ども達には良い教育をさせていく。僕の同僚のひとりは、中華系タイ人ですが、親は商売をやっており、彼はお医者さんです。おそらく100年くらい前に潮州あたりからやってきたのでしょう。

サンドイッチを頬張りながら、そんなことを考えていました。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-02-19_18:53|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント