FC2ブログ

STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

AMAZON

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

【書評】40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

最近、健康系の本を読みました。
レジェンド葛西(スキージャンプ)の【40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方】を読みました。
もう一冊、【死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい】というのも読みました。

どちらの本も、下半身の筋肉の重要性について書いてあります。全身の筋肉の約6割を占めるのが下半身の筋肉。イチローが以前、【足が健康な限り、体も健康である】とか、50歳まで投げた山本昌が、【足の怪我さえなければ、40を過ぎてもプロ野球選手を続けられる】というように、下半身というのは健康にとってとても重要な部分なのです。

では、どうやって下半身を鍛えるのか。走ったり、歩いたりすれば、それなりに下半身の強化に繋がると思っていましたが、どうやらそうではないようです。それだけでは十分ではない。

そこで、【スクワット】です。

レジェンド葛西の本には、スクワット(自重)だけではなく、柔軟性を保つためのストレッチングについても言及されています。【筋肉というものは、使っても固くなるし、使わなくても固くなる】、【柔軟性を保つことによって、血行が良くなり疲れにくくなるし、疲れがとれやすくなる】



こちらは、スクワットに特化した内容です。やはり、自重スクワットで、重いものは必要ないです。ゆっくりと膝が90度になるまで腰をおとし(4秒)、そこから元の位置に戻す(4秒)。これを朝20回。

これを続けることで、体の血行がよくなり、肩こりや腰痛が緩和されるとのこと。便通にも良いという。

死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい
小林 弘幸
幻冬舎 (2017-10-25)
売り上げランキング: 1,060


以前、ジムで50キロ程度の重量でスクワットをやったところ、腰がボキッとなり、かなり重度のギックリ腰になってしまった結果、重量スクワットに恐怖心を抱くようになったのですが、自重スクワットであればあまり体に負担をかけずにできそうですし、これならどこでもできるので、継続もできそうです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2018-02-13_06:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント