STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住。

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

サパンクワイのキャンピング・グラウンドに行ってみた

仕事帰りに、携帯電話の月額支払のためAIS(携帯会社)に行かなければならず、サパクワイ駅で降りました。サパンクワイ駅とアーリー駅のちょうど間にAISの店鋪があります。これまで携帯の支払はモーチット駅にあるAISの店鋪で行っていたのですが、ここが潰れてしまったので、若干不便です。

AISに行く前に腹ごしらえをしたいと思って、サパンクワイの十字路を西側に歩いてみました。

P_20180207_182452.jpg

屋台が並んでいますが、そこを通り過ぎてさらに進むと小さな広場があり、屋台が集まっています。こんなところになんだろう?と思って入ってみます。入り口のところに、【Camping Ground】というサインがありました。

P_20180207_183626.jpg

いろんな店が並んでいますが、ハンバーガー屋がありました。コンボ(飲み物なし)を注文するとフィッシュバーガーがつくと言うので、それを注文しました。150バーツ(約500円)です。注文後、席につかずに別の店をみていると、カフェ屋があったので、そこでエスプレッソを注文しました。30バーツ(約100円)。

P_20180207_183803.jpg

P_20180207_184505.jpg

バーガーを食べていると、ファラン(白人)のカップルを2組みかけました。サパンクワイという地域は、下町風情でアーリーとはまた違った趣のある街です。外国人なんてほとんど住んでいないような街のようにみえるけれど、実際はファランをよく見かけます。

バーガーを注文する時も、カフェを注文する時も英語が通じました。わりと外国人が訪れているのかもしれません。

キャンピング・グラウンドは、駅からそんなに近くないので、ちょっと交通の便が悪いですが、大きな通りに面している割には静かだし、手作り感があって良い場所だと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-02-11_01:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント