STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

前国王(ラマ9世)の火葬が10月26日に

昨年10月13日に亡くなったラマ9世の火葬が今月26日に行われます。
26日は、休日になります。

その日、王宮広場には25万人の人が集まると言われており、とんでもないことになりそうです。
行ってみたい気がしますが、それだけ人が集まるというのは、テロの可能性とか出てくるのでちょっと怖いです。

昨年10月に国王がなくなって以来、喪に服すという意味で公務員を中心に黒色の衣装を身につけるべしというお達しが出ていますが、今月に入って国民は黒衣装を着用すべしとい推奨されています。

これは、外国人も例外ではないと思いますし、旅行者も例外ではないと思います。
もちろん、強制するものではないけれど、派手な格好(原色を使われている服装)は避けたほうがいいかもしれません。

・ 上下どちらかは黒。
・ 派手めの色は避ける。

派手な格好で歩いて、過激なタイ人に襲われたらたまったものではないです。

僕は、職場に行くときは基本的に上下紺色の服装を着用しています。
また、プライベートで出歩く時も基本的にかなり地味な色使いなのでおそらく問題はないと思います。

異様とまではいかないですが、いつもとは違う雰囲気になってきた感じがします。


関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-10-05_10:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント