STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

ビルケンシュトックがそろそろ9年目を迎え

オランダ留学中に、ビルケンシュトックのサンダルやスリッポンのいくつか購入しました。
ビルケンシュトックは、オランダのブランドではなくてドイツブランドなのですが、アムステルダムの街の至る処にビルケンのお店があります。

ひとつは、ボストン

もう一つが、こちらのギゼです。こちらはもともと女性モデルなのですが、オランダは身長だけではなく足のサイズも大きいようで、女性用でも普通に履けるサイズのものがあったので購入しました。これはビルケン専門店ではなくてブティックみたいなところで適当に入ったら見つけました。セール品で30ユーロもしなかったと思います。

これをずっと履き続けています。中米への出張にも持って行っていたし、ミャンマーやパキスタンの出張にも持っていきました。また、ニカラグア赴任時にも持っていきました。

日本では夏しか履けませんが、海外(途上国)ではこういうサンダルは一年中履いてられます。

さすがに9年目を迎えて、ぼろが出てきました。
この間、家族とプーケットに行ったときにも持っていったのですが、その時にサンダルで海に入ったためソールに負担を与えてしまったようです。

ソールがはがれてきています。

P_20170923_105113.jpg

P_20170923_105140.jpg

P_20170923_105119.jpg

鼻緒の部分も少し緩んできており、歩いているとフニャっとなってしまう時があります。

でも、購入時に10年は履き続けようと決意しているので、あと1年は頑張ってもらいたいです。
今回のタイ赴任中はこのギゼに頑張ってもらいます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-09-30_13:38|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント