STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

野村つみたて外国株投信が一般販売

もしかしたら、積立NISAでしか購入できないのではないかと言われていた『野村つみたて外国株投信』ですが、一般販売されるようです。これは、かなり有り難いです。

これは、インデックスファンドにおけるリーサルウェポンになるうる可能性があります。

今後のインデックスファンド積立をどうやって行こうとこの1ヶ月ほど考えていましたが、これで答えがでそうです。

来年の積立NISAのせいで、ここにきて各社ともに新ファンドを設立

野村つみたて外国株投信の概要は以下の通りです。

●野村つみたて外国株投信

信託報酬 税抜0.19%

マザーファンドの規模
先進国株 3846億0868万円
新興国株 250億6426万円

信託報酬が圧倒的に低い、0.19%です。新興国分を含んでこの数字は、他の類似インデックスファンドより1歩も2歩も進んでいます。さすが大手の野村。面目躍如です。

ちなみに、このファンドは、外国株投信(日本株を除く)ですので、日本株が含まれていません。

もし日本株を積み立てたいというのであれば、こちらの商品がベストバイかもしれません。

三井住友アセットマネジメント株式会社

信託報酬が0.16%です。こちらもリーサルウェポン並みの破壊力を有していると思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-09-22_10:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント