STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

アーリーにも日本人がチラホラ?

バンコクの北西に位置するアーリー。
エアポートリンクの最終駅であるパヤタイと、大規模な週末マーケットで有名なチャトチャック公園のちょうど中間に位置してます。

商業施設はほとんどなく、住宅街なので、一般的な観光客は素通りするような場所です。
一応、タイ人富裕層が多く暮らす地域らしくて、おされなレストランやらカフェテリア、バーなどはそこそこあります。
僕は、基本的にお金の扱いに謙虚なので(つまりStingyということ)、ほとんどそういうところには行きませんが、散歩をすると、結構いろいろなお店が隠れ家的にあったりして、そういうのを見つけのは結構楽しいです(見つけても入らないですけど)。

そんなアーリー(Areeと綴るのか、Ariと綴るのか、いまだにはっきりしません。駅名はAriとなっています。)で、最近チラホラ日本人を見かけます。

仕事帰りにVillaスーパーに寄ったら、3人組の日本人をみかけました。自分と同年代くらいの方たちで、何やら立ち話をしていました。

昨日は、家の近くのセブンイレブンの前で、日本人カップル(同年代らしき)とすれ違いました。

今日(土曜日)は、お昼を家の前の屋台でとっていたら、日本人カップル(こちらも同年代らしき)を見かけました。かなりローカルなお店に入っていきましたが、何を探していたのかな?

いずれも旅行者というよりは現地滞在者みたいな身なりだったので、ここらへんに住んでいるのかもしれません。
ちなみに、僕の住んでいるコンドミニアムには、ある日本人の方が住んでいるようです。
一応、同業系の方らしいので、挨拶くらいはしたいと思っています。

アーリーは、歓楽街と無縁で静かなところだし、治安もよさそうだし、わりに気に入って住んでいます。

将来的に家族が来て住むことになったら、アーリーに住み続けるか、スクンビット方面に移るか、悩ましいところです。
病院(日本語対応)の充実度や、子どもの幼稚園について考えると、圧倒的にスクンビット方面(プロンポンやトンロー駅周辺)だと思うのですが、スクンビット方面に住んでしまうと、日本に住んでいるのと変わらないような生活になってしまい、それはとてもとても勿体ないことだと感じてしまいます。

その点アーリーは外国人が一定程度住んでいるものの、歩いて程度ローカル色が強いところなので、タイで生活をしながら、タイの文化に触れるのには、もってこいの場所だと感じます。また、外国人がある程度住みついているので、屋台のおばちゃんなどはある程度英語がわかるので、そういうのは結構助かります。タイ語でいくら?と聞いても、答えが英語で返ってきます。

家族が来たらどこに住むか?については、家族会議を開いて決定すると思いますが、そのために今からいろいろと情報収集を進めていこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-09-02_16:02|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント