STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

家族が滞在中に訪れたレストランテ

家族が訪泰中は、いろいろなレストランテに行きました。
素晴らしいと思ったレストランテをいくつか挙げたいと思います。

1.安くて旨いカオマンガイ(サパン・クワーイ)
到着翌日のお昼に隣駅のサパン・クワーイまで行きカオマンガイの有名店に行きました。いつも手振り身振りで注文するのですが、家族で行ったせいかメニュー(英語あり)を出してくれました。カオマンガイ2つとヌードル1杯を注文しました。

2.ソンブーン(ホイクワン)
あの小泉(首相)が愛した蟹カレーを食べにソンブーンにいきました。
日本人も韓国人も中国人も大好きな蟹カレーです。
タイ人は、意見が別れるとのこと。
3度目のソンブーンでしたが、やはり旨いです。
いつも通り蟹カレー( )を注文しました。蟹のダシと甘いカレーの相性が抜群です。
ご飯がグングン進みます。蟹の肉も旨いです。

3.GINJA(プーケット)
JWマリオットの中にある、曰く高級タイレストランのGINJAです。
客がほとんど日本人でした。
ホテルから徒歩10分程度のところにあり、ロッジ風の建物が2つあります。どちらもGINJAのレストランです。
徒歩が嫌な場合は、ホテルがカートを出してくれます。
子どもがいる場合は、カートを使ったほうが良いでしょう。

ここでは、定番的なトムヤンクーンとソフトシェルの蟹カレー、を注文しました。
トムヤンクーンは、辛過ぎもせずに程よい辛さ・甘さ・酸っぱさがミックスされていました。これもご飯が進みます。
そして、ソフトシェルの蟹カレーを食べることができました。
甲羅が柔らかいので、バリバリ食べられます。ソンブーンの蟹カレーもよかったですが、こっちも相当いいです。

4.タリン・プリン
世界で最も旨い料理に選ばれたマッサマン・カレーが食べられます。
僕は、ずっとこのカレーのことをマッサン・カレーだと思っていました。
このタリン・プリンは、行く前まではそれなりの中級~高級レストランテだと思っていましたが、そんなことはなく割りとリラックスした感じのレストランテです。つまり、肩が凝らない雰囲気で、僕はこういうレストランテが好きです。
マッサマン・カレーは、どちらかというと甘口なのですが、あとからフワッと辛味が来ます。
息子は少ししか食べられませんでしたが、とても美味しいと思いました。タイカレーというと、グリーンだレッドだと思い浮かべますが、蟹カレーもマッサマンカレーも、おなじくらい旨いです。

5.Suan Kularb Restaurant (アーリー)
僕の住むアーリーには、それなりのレストランテが幾つか存在しますが、その中でも中華系の美味しいレストランテがこちらです。別の支店に行ったことがあるのですが、イサーン料理やラオス系料理がすごく美味しかったので、ここも美味しいに違いないと訪れました。

意外と高いなという印象ですが、本格的なタイ料理を食べることができます。残念なのは、完全なローカルのお店なので、メニューがすべてタイ語です。写真の料理しか注文することができませんでした。


他にも、いくつかレストランテを周りましたが、上述の5つのレストランテが特に素晴らしいと感じました。コストパフォーマンスでみると、1.のカオマンガイでダントツです。カオマンガイ一皿160円。妻がこのカオマンガイがすべての料理の中で一番良かったと言っていました。僕も同意見です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-08-26_10:26|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント