STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

住居用のカードを落とした

現在住んでいるコンドミニアムは、ある程度セキュリティがしっかりしており、建物内に入るのに専用カードが必要です。また、エレベーターを使う際にも、カードをスキャナーに当てないと作動しないようになっています。いちいち、エレベーターに乗る時にカードをあてるのは面倒くさい作業なのですが、タイでは一般的なようです。

そのカードを、エレベーターの扉の隙間に落っことしてしまいました。

カードが無いとエレベーターが使えないので、自分の部屋にたどり着けません。
管理室に行ったところ、若い兄ちゃんしかいませんでした。
案の定、英語ができない兄ちゃんです。
身振り手振りで大変なことになったと伝えたところ、彼も何か問題が起きたということを理解してくれたらしく、別のスタッフ(英語できる)に電話をしてくれました。

そのスタッフに説明したところ、状況はよく理解できたと。
夜中に、エレベーターを止めて隙間から落ちたカードを探すから心配するなと言われました。
そして、電話番号を聞かれました。何かあれば連絡すると。

結局、電話はなかったのですが、3日後くらいに管理室に行くとカードを渡されました。きちんと対応してくれていたようです。

しっかり対応してくれるのは大変有り難いです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-07-26_10:09|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント