STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

ジノビリがもう一年プレイする

サンアントニオ・スパーズのマヌ・ジノビリがもう一年NBAでプレイすることが決まりました。昨年は、大黒柱のダンカンが引退し、今年はいよいよジノビリも引退か、寂しくなるなと思っていたのですが、もう一年プレイすることを決めたようです。

彼がルーキーの頃から見ているプレイヤーであり、なによりも同い年ということで、いつでもシンパシーを感じていました。
もうすぐ40歳になるはずですが、NBAでプレイできる水準にあるというのがすごいです。
しかも、彼はアメリカ人ではなくアルヘンティーノ。並々ならぬ節制をしているのだろうなと想像します。

母国アルゼンチンでは、おそらくメッシ並に人気のある選手だと思います。もしかすると小さい頃にスペインに行ってしまったメッシよりも、アルゼンチン人の心を掴んでいるのはジノビリかもしれません。アメリカでも、ラテン系の人々はジノビリのことが大好きだと思います。サンアントニオは、多分中南米からの移民が多いだろうし。

彼のキャリアでは、ハイライトがいくつかありますが、個人的にはアテネ五輪の金メダルが一番印象に残っています。アメリカを破っての金メダルというのはすごいです。

ジノビリは、パス・シュートなんでもこなせるし、独特のステップを持っているので、柔の印象が強いのですが、ドラフト時に彼を指名したポポビッチ監督が『残っていた選手の中で一番運動能力の高い選手を指名した』ということで、実はかなりアスレティック能力の高い選手です。彼のハイライト集をYou tubeなどで見ると、かなり豪快なダンクをぶちかましているシーンがたくさんあります。さすがにアラフォーになるとそういうプレーは減りましたが、若い頃はエキサイティングな選手でした。

打倒GSWに有終の美を飾って欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2017-07-21_12:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント