STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

旅行会社を通さないほうが随分安上がり

8月に家族が訪泰します。

ずっとバンコクで過ごすのは、あまりにも芸がないので、島に行くことにしました。
サムイ島にするか、プーケット島にするか選択肢が2つありましたが、楽しみは後に取っておこうということで、プーケット島に行くことにしました。

まずは、日系旅行会社に見積もりをお願いしました。
すぐに、見積もりしてくれるのは有り難いです。
タイ人でも仕事がテキパキです。
見積もりは、大人2名子ども1名の2泊3日で約15万円強でした。
これには、『航空券』、『宿泊』、『空港までに送迎』、『現地で日本語スタッフが同行』が含まれています。

想像していたよりも、ずいぶん高いと思ったので、自分で手配したらどれくらいになるのか調べてみました。

まずは、宿泊先。いつもはせいぜい3つ星ホテルですが、今回は奮発して5つ星ホテルにしました。
5つ星ホテルなんて、仕事以外で泊まったことがありません。

2泊3日で、約5万円。

次に、航空券。
僕の好きなタイ・スマイル航空で調べてみると、バンコク-プーケット間が大人2名子ども1名(3歳児)で、約3万円でした。
タイ・スマイルは、タイ航空のグループ企業(?)です。機内や添乗員の雰囲気を見ていると、LCCっぽいのですが、正確にいうとLCCではなく、日本でいうところのAIR DOやスカイマークという位置づけです。ANAやJALほど高くないが、LCCほど安くはないという、一見中途半端な航空会社なんじゃないの?と思うのだけど、そんなことはありません。
値段はタイ航空に比べて遥かに安いし、水も軽食も無料で配布されます。添乗員さんも愛想がいいです。オレンジを基調としているので、なんとなく欧州系LCCのEASY JETを思い出させます。

宿泊と航空券で、約8万円となります。
これに、空港の送迎がかかりますが、せいぜい4-5千円だと思うので、計8万5千円というところでしょう。

旅行会社を通すよりも、40%以上もコスト削減となりました。自分で全部やるほうが、安上がりになるのはわかっていたけれど、実際に計算してみて、こんなにも違うのかと驚いています。

そう言えば、ペルーやアルゼンチンに行ったときにも、旅行会社を通して日程を組みましたが、その時も随分多めに払ったなと思いました。仕事があまりにも忙しくて全部自分で準備するのが難しかったことと、子どもが小さかったことが理由で、旅行会社に頼んだのですが、忙しくてもある程度自分でやっていれば、相当経費削減できたなと思います。旅のクオリティを維持しつつも。

ですので、今後は(海外)旅行をする場合には、なるたけ自分で準備しようと思います。
キーポイントは、旅の1ヶ月前で準備開始が遅すぎるので、2ヶ月前から開始するということです。そのほうがより安くなるから。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-07-12_06:54|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント