STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

お腹をほとんど壊してない

タイに到着してから、2ヶ月が経過しています。

その間、ほとんどお腹を壊していません。
こういう途上国をメインで仕事をしているくせに、胃腸が強くない自分としては珍しいことだと思います。
だいたい外食で脂っこい中華やミディアムレアの牛肉などを食べるとすぐお腹を下してしまうくらい、胃腸が強くないです。

なぜ、ここではお腹をくださないのか考えられるのは、①外食をほとんどしていない、②いつもの職場の食堂の衛生状態が良い、③スーパーの野菜や肉、卵が新鮮、ということです。

同僚の日本人に聞くと、外食が続くと(屋台など)お腹が緩くなるといっているので、外食が特にキーポイントなのかなと思います。

せっかく、料理のおいしいタイにいるので、いろいろなものを食べてみたいと思うものの、お腹のことを考えると外食はちょっと控えたいという気になります。

でも、そうはいってもこういう経験(タイで生活する経験)はなかなか得難いものなので、週末に1回くらいはローカルレストランを訪れたいとは思っています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-07-07_12:35|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント