STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

投資で最も大切なことは退場しないこと

投資も語学や仕事と一緒で、コツコツと経験や学びを得ながら上達していくものなんだと思います。

投資でもっとも大切なのは、『退場しないこと』に尽きると思います。
つまり、投資を継続するということです。

逆に言うと、一発逆転を狙ってハイリスクな投資に手を出し、失敗して退場ということは絶対に避けなければなりません。
まだ、投資を本格的に初めて6年程度なのですが、これがこの6年の中で学んだもっとも大切なことです。
これまでの6年、退場しないでやってこれました。微々たるものですが利益を出すことができています。

この6年の間にはアベノミックスやトランプラリーがあったので、もっと上を目指せたのではないかと思わなくもないのですが、退場せずにこれたのは、本当に良かったと思っています。運が良かったというか。

今後も退場しないように投資に取り組んでいく際に、留意すべき退場しないための3か条としては、以下が挙げられます。

1.分散投資(複数銘柄に分散させる。)
2.現物取引(信用取引には手を出さない。)
3.リスク資産の割合を高めすぎない(メンタル安定のためには、リスク資産と無リスク資産の割合は5:5くらいがちょうどよい。)


子どもの教育費、我々(私と妻)のリタイア後の生活費のためにも、これからもコツコツと手堅い投資家でいこうと思います。

『粘る投資』:勝てなくてもいいので、負けない投資家を目指します。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2017-07-08_10:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント