STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

サパン・クワーイでカオマンガイ

サパン・クワーイでカオマンガイを食べてきました。

カオマンガイは、どんな料理かというと、ライスに茹でチキンが乗っかっているという極めてシンプルな料理です。
でも、シンプルが故に、奥が深いというか、美味しいカオマンガイを作るのはなかなか難しいようです。

バンコクには、おそらく何千というカオマンガイを食べさせてくれるレストラン・屋台があると思うのですが、そのなかでも確実に上位に入るであろうカオマンガイを作っていると評判のお店が、『シールアン・ポーチャナー』です。

サパン・クワーイ駅の出口1から降りて、Uターンして少しいったところの右側の路地(ソイ)にお店があります。
13時前に到着しましたが、結構賑わっています。

さっそく、拙いタイ語で『カオマンガイ・ピセ-』と頼んでみました。
ピセ-とは大盛りのことです。
吉野家でいうところの『牛丼大盛り!』ってな具合です。

待つこと、3分。スープとタレと一緒に運ばれてきました。

P_20170628_124218 (1)

飽きのこないシンプルなチキンとご飯です。チキンはホクホクでシットリしています。ご飯もホクホクと美味しいです。
そして付いてきたスープが、これまた美味しいです。大根が入っています。薄味でさっぱりしており、幾らでも飲めそうです。

右側にあるのが、タレです。これをご飯やチキンに絡めて食べるとまた違った味になり美味しいのですが、食べてみてびっくりしました。これは、和歌山に伝わる金山寺味噌にそっくりな味がします。こんなところで、この味に巡り会えるとは思いませんでした。

大盛りで50バーツ(約160円)。

店で働く人達を見ていると、すごく丁寧な接客をしており、好感が持てます。店の雰囲気が良いのが見ていてよくわかります。
店の雰囲気が良いからお客がたくさん来るのか、それともお客がたくさん来るから店の雰囲気が良くなるのかよくわかりませんが、とにかくいい店だなと思います。

毎週末は難しいかもしれないけれど、定期的に訪問したいお店です。
家族がタイに来た時に、連れて行こうと思います。連れていきたい店トップ3に入ってくる味とお店の雰囲気です。
あらためて、レストランは高ければ良いというわけではないと思うのです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-06-29_12:16|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント