STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

統計学(Standard error of the mean, Confidence Intervals)

統計学、だんだん苦しくなってきました。
やっていることはそんなに難しくないと思うのですが、英語でやっているのでこんがらがってきます。
授業中に完全に理解するのは現在の英語力じゃ無理です。
聞き逃すことも多いと思います。
なので、復習が非常に大切だと思っています。今日は2時間くらいやりました。
今週、来週と授業のコマ数的には余裕があるので、いまのうちにしっかり統計学のキモの部分を理解したいと思っています。

今日は、Standard errorから入りました。
標準誤差といいます。
母集団のデータの平均値を推定する幅を示すものです。
この幅があることで、よりデータに正確さが表れるのだろうと思います。

さらにReference range。
これは95%が含まれる幅のことです。

そこからさらにConfidence Intervalsを導きました。
信頼区間。
これの計算方法は分かったのですが、定義がよく分かりませんでした。
Reference rangeとの区別がどうなっているのかイマイチつかめていません。
今日、誰かに聞いてみます。

ちなみに今日は朝から夕方までずっとEpi(疫学)です。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|オランダ(日記)|2008-10-30_08:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント