STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

タイ語は、難しい

試行錯誤中です。

タクシーに乗る時、屋台で買い物をする時等に、タイ語が出来ないとかなりキツイです。
そんなわけで、ほんのすこしずつですが、タイ語を独学で学んでいます。
でも、全然頭に入りません。もともと、語学に対するセンスはないです。

タイ語の何が難しいっていうと、発音です。
カタカナ・タイ語で話かけても全然通じません。
こんなに通じないと心が折れてしまいます。しかもタクシーの運ちゃんは、基本的に素っ気ない人が多いので、こちらのタイ語が通じずに、何言ってんの?って顔をされると、寂しい気持ちになってしまいます。

例えば、スペイン語であれば文法は英語以上に複雑なものの、発音がかなり日本語に近いので、初心者であっても相手はわかってくれることが多いです。それに比べてタイ語は、文法は比較的簡単だが、発音はかなりハードルが高いです。

タイ語は、文法はそれほど難しくないようです。
まだ詳しくはわかっていないので間違っているかもしれませんが、例えば現在形の文に過去の副詞をつければ過去形になるし、未来の副詞をつければ未来形になります。

たとえば、『私は行く』に過去の副詞である昨日を付けると、『私は昨日行った』になります。
動詞を変えなくても過去形になるという。

スペイン語だったら、まず動詞の活用を覚えるのに骨が折れるし、さらには時制の文法も複雑なところがありますが、それに比べると簡単そうです。でも、いくら文法が簡単とはいっても、コミュニケーションを取る段階でこちらの発音が相手も全然わかってもらえないという状況なので、それは意味をなしません。。。

タイ語の語学学校で、ゼロから学ぶことを考えています。。一刻も早く、This is a pen. がタイ語で言えるようになりたいです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-06-01_10:02|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント