STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

歓送迎会@カラオケシティ

自分を含め日本人が2名着任しました。前任者は、本事業を離れます。
なので、2名入り、2名出ていくことになります。
この4名の日本人のために、職場の同僚(タイ人)が歓送迎会を開いてくれました。

場所は、バンコク北部に位置する『カラオケシティ』。ちょっと郊外です。職場から1時間半もかかってしまいました。バンコクの渋滞は脅威です。

日本のバブルのころのカラオケボックスってこんな感じだったなあというセンチメンタリズムを掻き立てるような店構えです。カラオケボックスが全部で10つくらいあり、それぞれが独立しています。しかも、なぜか水の上に浮かんでいます。カラオケボックスは、わりにゴージャスな作りとなっており、20畳くらいのスペースで、食事ができるテーブルと椅子、あとはソファが並べられています。

なぜ、このお店を選んだのかというと、同僚が我々に気を利かせてくれて日本語の歌が沢山ある店を探してくれたからです。たしかに、最近の歌はないものの、60~00年代のありとあらゆる曲が揃っている感じです。ちなみに、残念ながらくるりはありませんでした。でも、エレファントカシマシはありました。BOOWYやCOMPLEXなどの曲もありました。

タイ式のカラオケは、ご飯をガンガン食べながら歌うというのが基本方針なのか、みなソファには座らずにご飯を食べながら歌っていました。

同僚の若手研究者の人たちは、よっぽどカラオケが好きなのか、ずっと歌いまくっていました。
普段みんなとても静かなんですが、この日ばかりはかなりテンション高めでした。でも、シラフ。
ある程度の教育レベルの人は、基本的には、外で酒を飲むことはしないようです。特に女性は。(ココらへんがまだ良くわからないのですが、タイにはカースト制度が残っています。そこら辺と関係あるのかな?)

ガンガン歌いまくっているタイ人同僚に負けていられんと、僕が選曲したのは、サザンのBye Bye My Loveとブルーハーツのトレイントレイン。トレイントレインはまだしも、日本人の同僚もBye Bye My Loveは知らなかったようで、ポカーンとしていました。でも、この曲、80年代のサザンを代表する曲だと思うんですよね。タイ人は、気を利かせて盛り上げてくれました。タイ人は、本当によく気がききます。アジア的な気の使い方っていうんでしょうかね。ラテンとは、また違います。

結局、終わったのは11時過ぎ。
1時まで予約をしていたそうなので、我々日本人は先に帰りましたが、タイ人は残って最後までいたようです。(明日は金曜日)

ちなみに、料金は1万バーツ程度でした(3万2千円くらい)。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-05-26_11:30|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント