STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

雨で通勤に2時間以上かかった。。。

朝起きた時は、雨はすでにやんでいたのですが、昨晩は大雨だったようで、雷もゴロゴロと鳴り響いていました。
いつもより順調の乗り換えもでき、これはかなり時間節約できたと思ったのですが、職場の最寄り駅で30分くらい待つ羽目になりました。。。

タクシーが捕まりません。。。みんな同じことを考えているのか、すごい長蛇です。。。

歩いてみようかとも考えたのですが(大体40分くらいかかるそうな)、少し歩いてみると道路の浸水がひどくて歩いて渡ることは不可能だと悟り、しかたなくタクシー待ちの列に並びました。

結局、職場に着いたのはホテルを出てから2時間後の9時半過ぎでした。

浸水が大変だと聞いていましたが、確かに大変です。地下鉄やモノレールなどができ、社会インフラがかなり発展している印象をもっていましたが、排水に大きな弱点を抱えていることがわかりました。

ちなみに、バンコクの中心となるスクンビット周辺でも雨が沢山降ると、排水不全に陥り、浸水することが多々あるようです。
バンコクは、碁盤の目になっておらず、いわゆる大通りから小さな通り(ソイという)が垂直に伸びていることが一般的で、いくつものソイが平行していますが、ソイとソイをつなぐ道路は基本的に大通りだけです。なので、水の逃げ道もなければ、車が渋滞したときには車の逃げ道もないということで、浸水やら渋滞を引き起こします。
これって都市機能上ではかなり都合が悪いんじゃないのと思いますが、このソイというのがバンコクを物語るうえで欠かせないものなのです。

ムカデみたくなってしまいましたが、図にしてみました。
ムカデの胴体が、大通りを示しています。
胴体から出ている脚がソイになります。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-05-25_15:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント