STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

ちょうど1時間半(通勤)

ノンタブリーにある省庁まで、スクンビットから1時間半かけて通勤しています。
やはり、長いなあと感じます。

ホテルからトゥクトゥクでスクンビット駅まで(3分)
スクンビット駅からMRT(地下鉄)でバンスー駅まで(20分)
バンスー駅からシャトルバスでタオポーン駅まで(10-20分)
タオポーン駅から省庁の最寄駅まで(15分)
最寄り駅からタクシーで事務所まで(5分)

トゥクトゥクを降りてから、スクンビット駅まで少し歩きますし、バンスー駅内も結構歩きます。
タオポーン駅内でも少し歩きます。地下鉄が来るまで待ちますし、そうこうしていると1時間半くらいかかってしまいます。

現在、MRTのブルーラインとパープルラインの間(約1キロ)が、開通いないのでシャトルバスを使う羽目になっていますが、これが開通すると歩き時間と待ち時間が20-30分ほど短縮されるはずと思います。今年8月に開通予定となっていますが、なんせここはタイなのでどうなるかわかりません。アメージングタイランドに期待したいところですが。。

ちなみに、ブルーラインとパープルラインの間の1キロは、シャトルバスで移動なのですが、このあたりは交通渋滞がひどいようで、20-30分かかってしまいます。幸いバス内はクーラーが効いているので、体力の消費は割けられますが、時間がかかってしょうがないです。

8月の開通を祈りつつ。。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-05-24_07:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント