STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

基本的にからい、タイ料理

職場のある某省庁の食堂でお昼を食べています。
25バーツ(約80円)と、格安ランチはありがたいです。ご飯(タイ米)に2つのおかずがつきます。もしくは、ラーメン(ビーフン)もあります。このおかず、基本的に結構辛いです。よく見てみると、唐辛子が刻んであります。

あまり辛いのを食べすぎるとお腹が痛くなるし(胃腸が強くないので)、唐辛子の発汗作用+この気候(35度)で、とんでもなく汗をかいてしまいます。

汗をかくとスッキリするのですが、ほっとくと汗臭くなるし、顔はテカテカになるので、汗をかきすぎるのも考えものですが、でも辛くないものはあまりなさそうなので、ある程度我慢するしかありません。

ちなみに、もともとバンコク周辺のタイ料理というのはそれほど辛くはなく、辛いのは東北地方(ラオス国境のイサーン地方)と言われており、東北地方の人がどんどんバンコクに流入⇒辛いイサーン料理が定着、という流れで、現在はこのような辛い料理がバンコクにおいて一般的になったということです。

1日3食ともタイ料理だと、さすがに胃腸へ負担がきつそうですが、お昼だけならなんとかなりそうです。辛いとはいえ、タイ料理は基本的においしいですしね。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2017-05-17_14:01|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント