STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

今日から疫学

今週から疫学も始まりました。
すでにテンヤワンヤです。



授業が終わって、さあ帰ろうかと思っていたらエリトリアのクラスメイトが『バリカン買ったから、頭刈ってくれん?』というお願いが。
うーむ、黒人の頭を刈るなんて滅多にない経験だし、やってあげることにしました。
(そんなのアフリカン同士のほうが上手くいくんじゃないの?と思いつつも)

エリトリアは、15年前にエチオピアから独立した小国です。
現在もエチオピアと小競り合いがあるようで、なかなか大変な状況らしいです。
そんなわけで、彼はマスター修得後はアフリカの違う国で働きたいと思っているようです。

で、頭刈りなんですが、難しかったです。
黒人特有の髪の縮れが強いので、バリカンがなかなか進まないのです。
しかも、トップは6mm・サイドと後ろは3mmという注文もつけるのでややこしかったです。
(バリカンも6ユーロで買ったらしくてキレがない)

しかし、面白い経験でしたね。
彼は、月に一回は頭を刈りたいといっていたので、また声がかかるかもしれません。



関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|オランダ(日記)|2008-10-24_07:09|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント