STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

パラグアイ生活もあと5日間

今週日曜日に、お昼の便でパラグアイを発ちます。
ブラジルのサンパウロ、オランダのアムステルダム経由です。
欧州周りで帰るのは初めてなので、少し緊張します。
でも、オランダのスキポール空港は大体どんなところかわかっているので、なにも心配はないと思います。

仕事に関してですが、先週は関係省庁高官とのプロジェクト終了セレモニーが行われ、無事に終わりました。
新聞記者やテレビ記者たちが来ていたので、新聞もしくはテレビに出るかなと思いましたが、残念ながら省庁のウェブページにしか取り上げられませんでした。。。
おいおい、あまり関心がないのか??

プロジェクト関連の報告書は、ほぼ完成しています。プロジェクト報告書と個人の報告書を2つ作成しました。報告書を書くときいつも感じます。なんでこんなに語彙が少ないのだろうと。読書が足りないのかな。

任地であるコロネド・オビエドは、木曜日に発ちます。
なので、今までお世話になった人や道端でよく会う人たちに、お別れの挨拶をし始めています。
3ヶ月くらい前は、早く帰りたいなあと思っていましたが、残すところあと少しになると逆にもうちょっと居たいなあという気持ちになります。でも、これはいつだってそうだと思います。ホンジュラスの時も、ニカラグアの時も。オランダの時はちょっと違ったかな。

というわけで、あと少しですが、気を引き締めて安全に配慮しながら、残り少ないパラグアイ生活を過ごそうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2017-01-24_11:40|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント