STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

暑くて外にでれない

本当に暑いです。

太陽が隠れれば、少しは気温が下がりますが、それでも32度くらいあります。
カンカン照りの日は、35度を超えます。
35度を超えると、家の中もかなり暑くなります。現在の自宅は、1階のエアコンが故障しているので、エアコンのある2階に避難するしかありません。しかし、息子は2階が好きではないので(お風呂は別)、やっぱり1階に降りてきてしまいます。

それだけ暑い状況なので、パラグアイの子どもたちもなかなか外には遊びには来ません。来ても、夜19時以降になります。
うちの子は、その時間は流石に家に帰る時間なので、以前いつも公園で会っていた子どもたちと暫く会っていません。

遊べないのもそうですが、もっと悲しいのはお別れの挨拶ができないことです。
なんせ、生まれて初めて外国に来て、知り合った子どもたちなので、息子だけではなく、我々夫婦にとってもなかなか別れがたいです。みんな元気だし、良い子たちなんですね。わけわかんない不思議系の子どもももちろんいますが。

なんとかして、あと1週間ちょっとの間に会えればと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2017-01-17_14:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント