STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

第5戦は、予想通りCLEが一矢報いる

第5戦は、CLEが敵地で勝利をおさめました。

僕は、CLEのアーヴィングという選手はそれほどすごいプレイヤーではないと思っていました。
PGとして平均的な体躯、運動能力は高い、攻撃力はあるがシュート優先PG、守備は平均、怪我が多いというイメージでした。
そのイメージは、いまでもあまり変わっていないのですが、それでも、今プレイオフでのプレーを見ていると、一段階レベルが上がった印象です。

相変わらずパスをほとんどしないで、自分でばっかり攻めていますが、どんな形でもシュートを決めることができるのは凄いと思います。昨日の試合では、3Pを高確率で決めていたし、ここぞというときに点を取っていました。

もう一人、これは凄いと思ったのは、GSWのトンプソンです。大仏みたいな顔をしていますが、若いのにたいそう落ち着いており、3Pを決めてもほとんど表情を変えません。彼は、MVPのカリーに隠れていますが、どこのチーム(強豪チーム)においてもエースの器があるのではないかと思っています。彼のいいところは、攻撃だけではなく守備もいいところです。怪我にも強いイメージです。

アーヴィングとトンプソンは、今ファイナルでもときおりマッチアップしており、いい勝負を繰り広げています。

第6戦は、CLEのホームですが、GSWはキープレイヤーのグリーンが戻ってきます。ただ、気にかかるのが昨日の試合で膝を痛めたボガットが出場できるのかどうなのか??

もともとスモールラインナップのGSWですが、7フッターの彼がいなくなると守備とリバウンドが厳しくなります。

CLEのホームなので、笛はおそらくCLE寄りとなり、ボガットが出られないとなると、CLEが有利な気がしています。

おそらく、第7戦までもつれるのではないかとみています。(最終的にはGSWが勝つと思うけれど)
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2016-06-14_16:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント