STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

ひさびさの大きなサゲ(日経580円マイナス)

ひさびさに大きな下げがありました。

一日で、資産が4%も減りました。
一日でこんなに減ったのは本当に久しぶりです。

とくに、最近購入したジャパンミートが結構な下げっぷりで、悲しい限りです。

トヨタ、ソニーという今年になってから購入した銘柄も苦難な状況です。
自分がもつすべての銘柄には期待していますが、その中でもこの二つの銘柄にはより期待感を持っています。
海外で生活していると、トヨタ・ブランドの偉大さにはいつも感心させられます。

現在、住んでいるパラグアイにおいては、一番人気はトヨタです。
まず車のクオリティが素晴らしいこと。
そして故障した際のパーツ交換が他社に比べて安価で、スピーディに取り寄せることができるなど。
最近、車の修理工場の人と良く話をしますが、トヨタの素晴らしさを延々と語ってくれます。

ソニーについては、以前ほどの強さはもちろんないですが、今話題沸騰中のVR(バーチャル・リアリティ)に期待しています。

2016年は、VR元年と言われており、ソニーだけではなく、様々な企業がVR機器を市場に投入していますが、その中で完成度の高さ(価格においても優位)は、ソニー製品が一番だと言われています。

ソニーの新兵器「プレステVR」は"別格"だった

これは、今後のソニーの命運をかけたプロダクトだと思っています。

トヨタ-、ソニーに関しては、今後も長い付き合いをしていきたいです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2016-06-13_06:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント