STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

チアを飲んでいます

チア(Chia Seeds)とは、ゴマくらいの大きさの種です。大匙一杯くらいを水やお茶の中に入れて飲んでいます。
無味無臭であり、水を含むと種の周りがゼリー状になります。

この種は、もともとメキシコ等の中南米で栽培されているシソ科サルビア属ミントの一種で、南米では比較的ポピュラーな食材です。パンやクッキーに入れて焼いたりすることが多いようです。

チア大匙一杯(12g)に含まれる栄養素は、58カロリー、タンパク質2g、食物繊維4g、カルシウム76㎎、マグネシウム40㎎、亜鉛0.55g、鉄分0.93g、オメガ3脂肪酸2.14gが含まれているようです。

この中で特に注目に値するのは、オメガ3脂肪酸の含有量が豊富であるというところのように思います。

※ オメガ3脂肪酸とは?
細胞膜の構成要素の一つであり、体の調整物質の一つです。
動脈硬化を防ぎ、コレステロール値、中性脂肪値を下げ、心臓病、がん、脳溢血・脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満など、いわゆる生活習慣病予防に効果を発揮すると報告されています。

一般的には、オメガ3脂肪酸は青魚に多く含まれると言われますが、例えばサバを例に挙げるとチアには2倍(カロリー比)も含まれています。

アラフォーにもなると、身体のいろいろなところにガタがきますので、このようなスーパーフードを摂取することで、体のメンテナンスを行うことは必要であると痛感しています。

さらに、オメガ3脂肪酸には、認知症のリスクの低下や脂肪の燃焼を助ける働きも期待できます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2016-06-10_06:38|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント