STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

OKCが勝ち切った(ゲーム4)

OKCが敵地で勝ち切りました。

第4戦は、ラス(ラッセル・ウェストブルック)の凄さが際立っていました。

この試合、正直なところSASが勝つんだろうなと思っていて、終盤までリードしていたのはSASだったのですが、最後の最後でほぼラスの独力で勝ちました。もちろん、デュラントもカンターもアダムスも頑張っていましたが、最後に試合を決めたのはラスのプレーです。

あらためて、ラスというのは凄いプレイヤーだと思いました。
とにかく思いっきりがよい。それが諸刃の剣なところも含めて彼の魅力のように思います。
さすが、コービーが認める数少ないプレイヤーの一人です。

印象的だったのは、最後のプレーです。
残り9秒でOKCが1点リードの場面。
SASがファールゲームに持ち込もうとして、レナードがファールしようとしたのですが、そこで笛が吹かれず、そのままラスはゴールにドライブしてバスケットカウントを取りました。
この時のレナードがファールを誘ったプレーに笛が鳴らなかったことが議論になっていますが、あそこであきらめないメンタリティを発揮したラスは素晴らしいと思いました。普通ならプレーが止まるようなファールだったと思いますが、そのままリングにアタックした姿勢はラスというプレイヤーのすべてを物語っているように感じます。

結局95-91でOKCの勝利。

SASは、第4Qの大事な局面でFTを外したパーカーや、イージーなミドルを外したオルドリッジのプレーが痛かったです。

これで、OKCが3勝2敗でリードしました。次はOKCのホームです。

OKCがこのまま押し切るか、それともオルドリッジが加入して67勝したSASがアウェイで粘るか。まったく目が離せません。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2016-05-11_06:05|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント