STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

Bose Sound LinkMini II

パラグアイに赴任するにあたり、いろいろなものを用意しましたが、その中でもこれはよかったというものを紹介します。



赴任前に、妻と音楽を聴くのにBlue Toothで繋がるスピーカーがあれば良いよねと話していました。

Blue Toothの最大の利点は、ワイヤレスで使えることですね。寝室、キッチン、リビング、どこにでも持って行けます。満充電で10時間も持つので、2-3日に一度充電すれば問題なく使えます。

個人的には、どこのブランドでもよかったのですが、せっかく買うのだからある程度の値段がしても音質のいいものにしようということで、実際に家電量販店に行ったところ、こちらの商品の音が圧倒的に良く聞こえました。

一言でいうと、「音に厚みがある」点が気にいりました。こんなに小さいのに、音がしっかりしています。

最近は、スマフォでYou Tubeを開いて音楽を聴いています。
相変わらず80年代のものばかりですが。

English Man in New York.(Sting)


When Doves Fly (Prince)


Shout to the Top (The Style Counil)


こちらのスピーカーは持ち運びできるのが便利なところですが、本体重量がそこそこあるので、落としてしまったりすると壊れてしまう可能性が高いです。

持ち運び用のハードケースとして使っているのが、こちらのTumiのハードケース(デルタ航空でもらえるやつ)です。

Tumiのアメニティケースは、ハードタイプよりもソフトタイプのほうが使い勝手がよいと思われているようですが、ハードケースは電化製品を入れるときにかなり使えます。

Bose SoundLink Mini Ⅱを入れるとピッタリと収まります。

Bose製品を初めて購入しましたが、大満足の一品です。
今度は、ノイズキャンセリング付きのヘッドフォンなんかも欲しくなってしまいます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|DEGITAL|2016-04-25_23:35|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント