STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

アマゾン(USA)のKindle本の価格は日本在住と海外在住では変わるのか?

最近、あるNBAのブログを読んでいて面白そうな本を見つけたので、Kindleで読めるかどうかAmazon.com(USA)で調べていました。

Boys Among Men

NBA関連の本です。高卒ルーキーがどうとかという話です。

僕は、Amazon.com(USA)にアカウントを持っています。円高の時は、ビジネスシューズやアウトドア製品なんかを購入していました。当然、日本に発送してもらうので、居住地は日本で登録されています。

このアカウントを使って(ログインして)上記の本の値段を調べてみたところ、27ドルでした。
随分高いなと思って、もう一度今度はアカウントにログインしない状態で調べたところ、13.99ドルでした。

おや?倍も違う?

仮定として考えられるのは、日本を居住地に設定した場合は、値段が高くなるのではないかということです。

何か実際にモノを購入して日本に発送してもらう場合は、仕方ありませんが、例えばKindle本(電子書籍)のようなものを購入する場合は、居住地の設定は不要ですので、安い値段で購入できるということです。

ですので、アカウントをもう一つ作りました。
こちらのアカウントには居住地の設定を行わずに、Kindle専用アカウントにしました。
これだと上記の本が13.99ドルで購入できます。

ネットでいろいろ探してみましたが、このような情報はまだそれほど出回っていないので、あまり知られていないのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|DEGITAL|2016-04-21_07:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント