STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

イグアス旅行初日

今年のセマナサンタ(キリストの復活祭)は、イグアスの滝に行ってきました。

初日は、Coronel Oviedoからイグアス移住地を目指します。
距離にして約150キロあります。こっちにきて初めての長距離運転です。
天候は、残念ながらというかまたかという感じで朝から大雨です。
この大雨は、日本の台風みたいな感じの横殴りの雨で、結局道中の2時間半の間ずっと雨にあたっての運転となりました。
ところどころでは、雨が強烈で車道の白線が見えなくなるなどなかなかな厳しい状況下のドライブです。
久しぶりの長距離運転でただでさえ肩が凝るのに、視野が悪いということで2倍肩が凝りました。

9時40分に出発。イグアス移住地には12時10分に到着。

まずは、腹が減ったので白沢食堂に向かいました。
白沢食堂は、わりと広めです。
アラカルトのほかに、バイキング形式、アサード(BBQ)があります。
アラカルトメニューには和食があり、我々は天ぷらうどんと天丼、春巻きを注文しました。
うどんも丼ぶりも天ぷらは、海老だけというものでした。
結構大きな海老で美味しかったのですが、せっかく美味しい野菜が取れるところなので、野菜の天ぷらも入っていればより美味しくなると思います。春巻きは、中に入っているキャベツがなんとも微妙な味でした。

食後、食堂の隣にあるスーパー41(SUPER 41)へ。
ここでは、日本食材が購入できます。

お米(10キロ)、めんつゆを購入しました。
お米は10キロで2400円くらいです。日本と変わらない値段です。

15時頃に、本日の宿となる民宿小林へ。
民宿小林は、イグアス移住地から少し離れています。
イグアス移住地からは、アスンシオン方面に10キロほど行ったところにあります。
アスンシオンから273キロ地点、シウダーデルエステから53キロ地点にあります。
アスンシオンから行く場合は、273キロ地点で右折します。
シウダーデルエステからの場合は53キロ地点で左折。
手前にひとつ家があり、その先に大きな家がなっています。そこが民宿小林です。

我々が到着したときには、主人と奥さんは買い物に出かけていて不在だったので、ここで飼われている猫や犬と遊んでいました。大きいものから小さいものまで10キロくらい犬猫がいます。

民宿小林


民宿小林は、相部屋と個室に分かれており、家族で来た場合は個室を使わせてもらうことが多いようです。
そして、一人旅をしている人は、相部屋を使うことが多いようです。

我々が泊らせてもらった3月24日は、青年海外協力隊員6名と旅人(世界一周的旅人)9名が泊まっていたようです。
協力隊員は自炊、旅人はアサード(BBQ)をやっていました。
我々のような家族連れは2階で食事をいただけます。
すき焼きを頂きまして、モチまで入っており、大変美味しかったです。味は濃い目です。

P1070016.jpg

P1070018.jpg

翌日の朝ごはんは、純和食です。

P1070026.jpg

目玉は、黄身を箸で掴むことができる生卵です。
納豆卵かけ御飯で頂きました。
この旅の食事面でのクライマックスと言っても過言ではありません。そのくらいの旨さです。

P1070028.jpg

明日は、いよいよイグアスの滝に向かいます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|TRAVEL|2016-04-04_16:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント