STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

お茶を飲む習慣

こちらの人たちは、テレレというお茶(冷たいマテ茶)を毎日のように飲んでいます。
都会の人でも、水筒に冷たい水を入れて、テレレを飲むためのコップとストローを持ち運んで飲んでいます。(パラグアイ的三種の神器)

このテレレのおかげか、この国の人々はほとんど肉しか食べないのに、寿命が74歳と比較的長生きできています。テレレを通して栄養物を摂取することができるし、同時に水分を補うことが健康増進に寄与しているのではないかと個人的には思っています。

だた、パラグアイ人、例えば同僚と話していてもテレレにはどんな栄養物が含まれているかということを理解している人はあまりいないようです。
リラックスする効果がある、体を冷やす効果がある(パラグアイは暑い)というくらいしか効能はないと思っているようです。

でも、インターネット等でちょいっと調べてみるとわかるのですが、テレレにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
飲むサラダと言われています。

参考資料によると、こんなにも栄養価の高い飲み物なのです。

Yerba mate is so loaded with nutrients it contains practically everything needed to sustain life.
Each serving of mate contains the following vitamins and high concentration of these minerals.

• vitamin A
• vitamin C
• vitamins B1, B2, B3, and B5
• vitamin E
• calcium
• iron
• magnesium
• manganese
• phosphorus
• potassium
• selenium
• sodium
• sulfur
• zinc


本当に完ぺきな飲み物のようです。
しかし、若干カフェインも含まれているので子どもや妊婦は気を付けなければなりません。
車の運転手は、常にテレレを飲んでおり、眠気覚ましにしています。

パラグアイの人は、テレレの中にいろいろなハーブを入れて飲んでいます。
ですので、人によってテレレの味が違います。
また、回し飲みの文化が田舎にいけばいくほど残っており、僕の職場でも回し飲みされています。
男女関係なく回し飲みが行われており、僕も風邪をひいているとき以外は頂いています。毎日飲むとどうかと思いますが、たまに飲むとスーッとして気持ちがいい飲み物です。

日本人は健康への意識が比較的高いと思うので、日本へのお土産にはテレレは最適ですね。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2016-04-04_06:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント