STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

ベビーカーを購入

今回、パラグアイに来るにあたって、日本で使っていたベビーカーは日本に置いてきました。

日本ほど道の状態が良くないので、あまり使わない可能性が高いと思ったからです。実際のところ、道の状態は良くないし、少し雨が降ると水たまりができてしまうほど排水システムが整備されていないので、持ってきたとしてもあんまり活躍することはなかったのかなと思っています。

しかし、今度のセマナサンタでイグアスの滝に行くことになって、ブラジル側はともかく、アルゼンチン側ではかなりの長距離を歩く必要があるということが分かりました。
それだったら、ベビーカーが必要ではないかと。
息子もいつの間にか12キロくらいになっており、抱っこ紐でずっと抱っこするには重すぎます。

加えて、先週僕が公園でシーソーで息子を遊ばせているときに、腰をやってしまったので、こうなったらベビーカーはマストではないかということになりました。

早速、ベビーカーが売られていそうな店へ。
町の中心のメルカド(市場)に行けば、売ってそうな店がいくつかあります。

お店をのぞいてみると、海外によくあるごついタイプから、かなりシンプルなものまでいろいろあります。外でベビーカーを使っている人はあまりいない気がするのですが、こんなにいろいろ置いていて売れるのかしら?

一番軽くて、できれば一番安いものでよかったのですが、3000円でちょうどよいものが見つかりました。

あまり耐久性がなさそうですが、何といっても予想していたよりも安かったし、よい買い物だったと思います。
せめて、イグアスの滝に間だけは壊れないでもらいたいです。




関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2016-03-20_22:55|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント