STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

車購入

すでに1カ月近く経ってしまっていますが、車を購入しました。
今回は田舎暮らしなので、兎にも角にも車が必要です。

車種には特にこだわりはないし、赴任してすぐ必要だと思っていたので、一番簡単な手段をとりました。
それは、前任者から購入するということです。
幸い、前任者がオートマティックなベンツをお持ちだったので、それを譲ってもらいました。

前任者が乗っていたのは、なんとメルセデス・ベンツです。
ML-320というモデルで、90年(26年前!)に生産されたものとなります。
見た目は、結構しっかりしているし、大きな傷はないのですが、15万マイルほど走っています。
15万マイルと言ったら、24万キロにもなりかなりなものです。
すでに十分な距離を走っており、これ以上走るんかいな?という感じですが、今のところ順調に走っています。

おそらく人生においてベンツに乗る機会なんてそんなにないと思うので、貴重な経験をしていると思います。

ちなみに、このML-320というモデルはいわゆるSUVタイプです。
パラグアイでは、雨が降ると排水システムが適切に整備されていないために、洪水のようになってしまいます。
したがって、セダンタイプの車よりも断然SUVのほうが便利なのです。
また、舗装されていても、アスファルトの老朽化で凸凹しているので、そういった点でも車高の高い車のほうが都合がよいです。

車輌重量が約2トンもあります。
このサイズだと普通は1.5トン程度といいますので、頑丈に作られているようです。確かに扉の重さたるやなかなかのものです。
両前扉には、BOSEのスピーカーが装備されています。
このようなスピーカーが付いているところなんかさすがにベンツという気がします。

あまり経済的な車ではなくて、おそらくリッター5キロくらいしか走りません。ガソリンは80リットル程度入るようです。こちらのガソリンの値段は日本とはあまり変わらないので、満タンにすると8000円くらいかかってしまいます。リッター5キロしか走らないので、日本で運転するよりランニングコストはかかりそうです。

1年間、大切に乗って良い値で売りたいと思っています。

最後に、この車は3代目18 til I die号と命名したいと思います。

1代目は写真がありませんでした。。。オランダ時代に乗っていたボロボロのオランダ産の自転車です。
2代目はこちら。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2016-02-26_09:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント