STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

コロネル・オビエドという町

現在、コロネル・オビエドという町に住んでいます。パラグアイ国のほぼ真ん中に位置するカアグアス県の県庁所在地になります。

歴史的にはそれほど古くはなく、交通の要所として栄え始めたと聞いています。栄えたといっても人口が5万人程度なので、それほど大きくはありません。

町の中心は、教会付近になります。教会の前の通りには大きなスーパー、銀行、電化製品を売る店、家具を売る店、なんでも売る店等が並んでいます。電化製品は確かに一通りのものがそろうだけの品ぞろえになっており、パナソニック製の掃除機なども手に入ります。ここで、ベッドと冷蔵庫を購入しました。

教会付近には、県庁や市役所があります。

大きなスーパー市内に2つあり、どちらも一通りの生活ができるだけの物が売られています。野菜、果物、肉類、飲み物、お菓子、掃除道具、衣服、文房具などが売られています。どちらも割の店内は広くて、より広いほうは日本の小学校の体育館2個分くらいありそうです。買い物は大体ここでしています。

大きなスーパーの前には、公園があり、火曜日と土曜日には青空市が立ちます。いろいろな果物や野菜や肉が買えると聞いたので、かなり大きな市だと思って期待していったのですが、出店が10程度並んでいるだけどのコンパクトな市で少しがっかりしました。でも売っている物は質がよさそうだし、それほど高くありません。

ある程度大きな公園が2つあります。どちらも子ども用の遊具があるので、週末は子どもを連れていきたいと考えています。しかし、遊具のメンテナンスはあまりしっかりなされていないように見えるので、しっかり確認する必要があります。もちろん、蚊には気を付けないと。

レストランと呼べるところは一か所です。そのほかにも外食できるところはありますが、カテゴリー的にはなんというか食堂という感じのところばかりです。ハンバーガー屋が多いような気がします。ちなみに、マックとバーガーキングがあります。2週間に一度程度はお世話になるかもしれません。

唯一のレストランは、それなりにしっかりした料理がでます。基本的には肉(牛、豚、チキン)かパスタという選択肢になっており、一度家族で行きました。家族で13ドルくらいでしょうか。それほど高くありません。

現在住んでいる家の2つとなりに、パン屋プラス定食屋みたいな店があり、重宝しています。週に1回程度ランチで来ています。昨日の昼に行ってきました。オレンジジュースを2つ頼んだのですが、なぜかデキャンタで運ばれてきて、きっと値段は一緒なんだと思っていたら、オレンジジュースコップ2つ分の2倍以上の料金を請求され唖然としてしまいました。とは言っても200円程度の差なんですが。以後、気を付けようと思います。

まだ、いろいろとお店はあると思うので、徐々に開拓していこうと思います。週末の楽しみはそれくらいしかなさそうです。(でも、日曜日にはほとんどの店が閉まってしまう)
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|南米(日記)|2016-02-11_06:04|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント