STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

名誉市民になる

調査で、オルロ県のコルケ(Corque)という小さな村を訪れました。
人口9000人程度で、特に印象深いものはないところです。
しかし、オルロ県は現大統領エボ・モラーレス氏の故郷ですので、村の中心のインフラはけっこうしっかりしています。
特徴のない村と言いましたが、一つだけあります。
かなり古い教会があり、中にはお宝が埋まっているとのこと。(詳細は次回)

そんなコルケ村で名誉市民の称号を得ることができました。

村の中心で簡単なセレモニーが開かれたのですが(我々来訪者のために)、その時に額縁を渡されました。
額縁に入っている文書を読んでみると、「貴人はこの村の発展に大きく貢献した。その貢献をもってここに名誉市民とする」とかなんとか書かれています。
しっかり、村の代表者たちの署名も入っています。

名誉市民とは非常に光栄です。
たった数時間の滞在で名誉市民とは。

聞いたところ、この国ではこんな感じで来訪者(特に外国人)に対してぽんぽん簡単に名誉市民を与えるそうです。

今回、このようにオルロ県コルケ村の名誉市民になったわけですので、一生この村については忘れないと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2015-11-22_00:11|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント