STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

ヴィレッジバンガードの優待券を使ってみる(子供の絵本を購入)

ヴィレッジバンガード(VV)の優待券が届いていたので、使ってみることにしました。

VVの優待券は、VVのお店で使える1万円分の商品券になります。VVって、遊べる本屋ということで基本的には本屋だと思うのですが、行ってみるとほとんど雑貨で占めているような店舗です。規模や商品構成が異なりますが、ドンキホーテに似ています。

家の近くに、VVがないので車に乗って幕張イオンモールまで行ってきました。

幕張イオンは、巨大(HUGE)な店舗でまずそれだけで驚きました。土曜日の午前中ということもあり最初は空いていましたが、徐々に混雑してきてさすがに集客力があります。

VVの店舗は、グランドモールの3階にあります。小さな店舗に所狭しと商品が山積みになっています。客層は、10代後半―20代が多かったように思います。

1万円分の優待券を使って、子ども用に絵本もしくは動物系の図鑑を購入しようと決めていたのですが、結局、絵本6冊と鳥の図鑑を1冊の計7冊を購入しました。

1万円以内で収まりました。

1万円分の優待券とはなかなか太っ腹だと思いますし、子育て世代にとっては非常に有難いものです。

ただずっと続けてほしいとは思いますが、企業の財政的にはこのレベルを続けるのは難しいのかもしれません。

ちなみに優待ブロガーとして有名なみきまる氏は、以下のように分析されております。

http://plaza.rakuten.co.jp/mikimaru71/diary/201211210000/

とりあえずは、この優待が続く限り子どものために絵本もしくは図鑑を購入しようと思います。

最後に、VVの優待券は、VVダイナ-(ハンバーガー屋)でも使用できるようなので、今度はここのアボガド・バーガーを食べてみたいです。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2015-07-11_22:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント