STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

ハーグへ

昨日は、学校の行事の一環でハーグという街に行ってきました。

ハーグは、アムステルダムから電車で40分くらいです。
オランダの政治の中心で、各省庁の建物があります。
天気が曇り空で、非常に寒く感じました。およそ13度+強風。
私でさえこれだけ寒く感じたのだから、南国育ちのほかのクラスメートは想像を絶する寒さだったと思います。みんな、急遽帽子やら手袋を買い足していました。

朝、アムステルダム中央駅に10時45分に待ち合わせしましたが、案の定遅れてきた人がいて出発が遅れました。
11時40分の電車で、ハーグへ。
電車から見える景色は、ほとんどが田園風景でした。
牛や山羊の姿がチラホラ。

この国の食料自給率は100%を超えています。

ハーグには、12時半くらいに着きました。
ハーグ駅を出ると、そこはもう各省庁の建物が並んでいます。

P1010027.jpg

少し歩いて昼休み休憩を取りました。
もちろん、昼食は持参してきました。(オランダ人に倣う)

昼食後、街散策をしました。


P1010034.jpg

ビネンホフ(国会議事堂、総理府)。

各国の大使館がある地区。

パノラマ・メスタグ(メスタグというオランダ人画家が描いたパノラマ風景画がある。世界最大のパノラマ風景画)


P1010053.jpg

そして極めつけの平和宮(国際司法裁判所)。
国連の管轄下にあり、国際間の紛争を解決する場です。
この建物は、アメリカの鉄鋼王カーネギーさんの寄付によって建てられた建物で、立派な建物です。
内部の装飾品は、すべて各国が寄付しているそうです。

ISS(Institute of Social Studies)の前も通りました。
この学校は、開発学で有名です。


この語、KITの教授の家へ招待されました。
40人も入るんだから、さぞかし大きい家なのだろうと思ったらそうでもなかったですが、おしゃれな家具、食器、写真が飾られているセンスのあるご自宅でした。
旦那は、写真家だそうです。

最後に、みんなでインドネシアン・レストランへ。
インドネシアと言えば、ナシゴレンやスパイスの効いた料理です。
ココナッツの効いた野菜炒めと牛肉をじっくり煮込んだものが美味しかったです。
もちろん、オランダ産のビール・ハイネケンも飲みました。

P1010061.jpg



結局、家の着いたのは夜の11時。
長い一日でした。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|オランダ(日記)|2008-10-05_18:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント