STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

カンファレンス・ファイナル

ここまでかなり盛り上がったNBAプレイオフですが、カンファレンス・ファイナルはおそらく東西ともにスイープで決着がつきそうです。戦力的にはそんなに差はないと思うのですが・・・。

特に西。一回戦でスパーズを4-3で破ったクリッパーズ。
優勝候補の一番手を破ったクリッパーズは、戦力が充実し、このままファイナルまで行ってしまうんでないの?なんて思っていたのですが、まさかまさか2回戦のロケッツ相手に3-1とリードしておきながら、そこから3連敗で終戦。

そのロケッツは、カンファレンス・ファイナル(準決勝)でウォーリアーズ相手に1-3で負けがほぼ決定的。

こうなると、個人的にはクリッパーズがロケッツ相手に負けるんだったら、スパーズに勝ち上がってほしかったと思います。スパーズならロケッツを簡単にひねって、ウォーリアーズとのカンファレンス・ファイナルで熱戦が繰り広げられると思ったからです。スパーズなら、ウォーリアーズの前に大きく立ちはだかると思うのです。

いまのままでは、このままあっさりとカリー率いるウォーリアーズがファイナルに進み、下手するとチャンプになってしまいます。心情的には、カリーはほとんど挫折というものを味わっていないし、ここであっさり優勝してしまうとドラマ性が全然ないなあと思ってしまいます。過去をさかのぼれば、ジョーダンさんも、シャックも、コービーも、レブロンもみんな苦労してチャンプになっていますから。

東は、このままでは帝王レブロン率いるキャブスがファイナルに進みそうです。キャブスがもしウォーリアーズを破って、優勝してしまうと心情的にはこちらも複雑です。

ヒートを見捨ててキャブス(古巣)に戻る⇒シーズン当初はちぐはぐだったが、シーズンが進みにつれ調子が上がる⇒ニックスとのトレードでシャンパートとJRを獲得⇒これがはまりプレイオフで快進撃(今ここ)

さらには、戦略レブロンで勝ってしまうと、去年のチームの力で勝ち上がったスパーズはなんだったんだろうっていう気持ちになってしまいます。バスケってチームスポーツじゃなかったのか?みたいな。

今シーズンのNBAは、なんとも形容し難いです。


関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2015-05-27_07:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント