STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

今後の投資計画

現在は、引き続き上げ相場と理解しています。
日経平均は2万円には届かないものの、19500円付近を行ったり来たりしています。

今後はどうなるのか?

いろいろ調べてみると、2015年~2016年までは上昇傾向という意見がある一方で、2020年の東京五輪までは上昇傾向という意見もあったりで、正直なところどうなるかなんてのは誰もわかりません。ただ、2020年の東京五輪は以降は厳しい状況になるだろうというのはなんとなく感覚としてそうなるだろうなという気がします。

なので、今後の計画としては二つあると思っています。
一つは2015年~2016年までは大丈夫という前提をもとにある程度投資を厚くするやり方。もうひとつは2020年までは大丈夫という前提で、少しずつ厚くしていくやり方。

自分は場合は、優待インデックスバリュー投資(トロイカ体制)を戦略として持っていますが、イメージとしては優待・バリューで得た利益をインデックスに回すというのが一つの方法と考えています。つまり、ある程度リスクの高い優待・バリューで得た利益については、よりリスクの低いインデックスで運用するということです。

時間軸で考えると、2020年まで上昇傾向が続くという予想であるならば、2020年までは優待・バリュー投資で進めて、そこから先はインデックスでコツコツいくイメージです。

そして、相場が暴落した際には再び優待・バリューで攻める。

これが、自分にとってのベストシナリオなのではないかと考えています。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2015-04-08_22:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント