STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

どんどん騰がる

日経平均株価が、2万円に迫ろうとしています。

これは、まったく予想していなかった展開です。
個人的には、しばらく(東京五輪くらいまで)は15000円-18000円くらいで推移し、五輪終了後に暴落するというシナリオを予想していましたが、まったく予想が外れています。いいほうに外れて良かったですが。

本屋に行けば、雑誌などでやれ25000円だとかやっていますが、そういうのが出てき始めるとソロソロ下がってくるんじゃないかと考えています。

仕事が忙しいので、相場をしっかり見る時間はあまりないのですが、それでもたまには今後に向けてどういうストラテジーを立てていくべきか考えたりします。

そこで思いついたのが、「優待インデックスバリュー投資」。このストラテジーが自分には合っているような気がします。

これはどういうことかというと、「優待株」、「インデックス積み立て投信」、「バリュー株」という異なった投資手法を用いて、リスクを分散しながら進めていくという手法です。まったくの僕の造語です。

安倍内閣風にいうと、三本の矢ですが、私は現政権に対してはあまりシンパシーを感じていませんので、トロイカ体制としたいと思います。

どうして、このようにトロイカ体制で進めていくことを考えたのか、その理由なのですが、要は投資家として実力が足りないので、リスク分散する必要があるということです。リスク分散というと、基本的には銘柄、地域、時間別に行うのが一般的ですが、投資手法を一つに絞らずにやることもリスク分散になると考えます。

本来、実力があるのであれば、小型のバリュー株に投資をすることで多くのリターンを生むことができると思うのですが(例、エナフンさん)、僕のような零細弱小投資家には、リスクが高すぎます。

株主優待株は、商品券やクオカード等の換金性の人気の高いものをセレクトします。個人的にはクオカードが使いやすくて好きです。めったにコンビニは使いませんが、使う際にはクオカードを使っています。

そして、4年前からコツコツと積み立てているインデックス投信。こちらについては、月々の積立金額をもう少し増やすことを視野に入れています。

というわけで、トロイカ体制を実践していこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2015-03-21_20:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント