STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

上長との面談

グローバルな視野、トランスセクトラルな視野を持とうと言われました。

現在までのところ、若干守備範囲(地域)に若干の偏りがあり、中南米に比重が多いので、アジアやアフリカも見るべきであると。比較対象があるといいよね、と。そういうことらしいです。

トランスセクトラルについては大納得です。これからは、一つのセクターに特化した協力というのは難しくなるのかなと考えています。

たとえば、グローバルヘルスの潮流となるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(すべての人が保健サービスを享受できるようになること)ですが、かなり大きな概念であり、保健セクターだけでコントロールが効く部分というのは一部にすぎません。所得(経済開発)、社会保障等様々なセクターを巻き込まなければ、その達成は難しいです。

感銘を受けた面談でした。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|WORK|2015-03-02_22:02|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント