STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

ハナタレナックス

北海道のテレビ局で放送されているハナタレナックスという番組がありますが、そのスペシャル版が全国放送でやっていました。

2003年の開始なのでもう10年以上の長寿番組です。
劇団グループのTeam Nacsんお5人が道内をワゴンで回るという番組です。Team Nacs=大泉洋と思われるかもしれませんが、一応リーダーは、森崎さんなんですね。

正直、ハナタレナックスは水曜どうでしょうに比べるとそれほど面白いとは思えず、あまり見てこなかったのですが、スペシャルを見たらなかなか面白かったです。今回は、函館観光でしたがいつか行きたいと思わせる内容でした。道民でありながら、まだ函館に行ったことがないので。

五島軒という洋食レストランのカレーが出ていましたが、すごくおいしそうでした。これは、いつか行ってみたい店です。

しかし、このTeam Nacsの5人。テレビに出始めて15年以上経ちますが、なんというか見た目がほとんどかわりません。音尾さんは少し変わったかな。皆さん、若く見えます。好きなことをやっていると歳をとらないんですね。

あと、ヤスケンが相変らず見た目は2枚目だけど、中身は3枚目というキャラが良かったです。彼はずっとあんな感じいきそうです。以前、彼の著作を読みましたが、なかなか面白かったです。室蘭のことについて少し詳しくなりました。今だと電子版が325円で安いです。


北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 (幻冬舎文庫)北海道室蘭市本町一丁目四十六番地 (幻冬舎文庫)
(2013/12/05)
安田 顕

商品詳細を見る


Team Nacsは、また舞台で全国をまわるようです。
彼らは、カルト的な人気がありますし、チケットは入手が困難だと思いますが、いつか見に行きたいと思っています。

なんといっても、先輩ですから。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2015-02-15_20:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント