STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

北海道のニカラグアコーヒー

実家に帰省しています。
寒いですが、それほど天気が悪くなく過ごしやすいです。

ニカラグアのコーヒーがどの程度北海道に入ってきているのか興味がわき、ちょっと調べてみました。

すると、札幌ではいくつかニカラグアのコーヒー豆が手に入るお店がありそうです。

岩井珈琲

こちらは、月寒とあいの里の店があるようです。

100gで1000円なので、ニカラグアで購入するよりも幾分高いです。

サッポロウエシマコーヒー

こちらでは、期間限定ですが、以前は手に入ったようです。

ティーズコーヒー

平岸のお店です。ヒノテガ県のコーヒー豆です。

コーヒーキャロット

実家の近くには、コーヒーキャロットでニカラグアのコーヒー豆が手に入るようです。こんど行ってみようかな。
僕が今回、帰国する際に大量に買ってきたブエノスアイレス農園の珈琲は、この天海珈琲で手に入れることができるようです。

石狩市にあります。200gで1680円ということです。

ということで、北海道では少しずつニカラグアのコーヒー豆が入ってきてるようです。日本に入ってくるニカラグアのコーヒー豆の総量は、隣国のグアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルと比較してかなり少ないので、これから頑張ってほしいですね。

関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|日本(日記)|2014-11-09_10:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント