STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

金子誠

北海道のマックこと、金子誠がついに引退です。



常総学院出身で、3年目の21歳で新人王を獲得。それから約20年間、日ハムの正遊撃手を努め、北海道に来てから強豪化した日ハムの屋台骨を支えました。あまり大きくは見えないけれども、実は185㎝あり、大型内野手なんですね。
自分の理解では、彼が屋台骨を支えていたチームに、新加入や若手が融合し、強豪チームになったと思っています。
スラダンでいうところのゴリだけの湘北は弱かったけれど、彼が支えてきたチームに新戦力が融合して強豪になった、そんなイメージです。

マックのニヒルというか、ニヤニヤした笑い方が結構好きでした。以前、田中賢介がエラーすると、冷たい目でマックに見られるというようなことを言ってましたが、そういうところで、しっかりチームを引き締めているなと感じました。

今年は、稲葉が引退するので、その陰に隠れている感じですが、日ハムにとってみれば稲葉に引けを取らない偉大な選手だと思います。

そういえば、坪井も引退します。タイガースとファイターズという、僕の好きなチームに所属した選手であり、非常に好きな選手です。彼も卓越した打撃理論を持っているし、ハムか阪神でコーチをしてくれたらなあと思います。
彼も、北海道で凄く人気のある選手なんですね。

ハムは、マックと稲葉選手がいなくなるので、野手陣は大きく若返ります。来年は、栗山監督にとっても勝負の一年になるし、見ごたえのあるシーズンになりそうです。

もちろん、今年のクライマックスシリーズも目が離せません。

関連記事
スポンサーサイト

comments(1)|trackback(0)|SPORTS|2014-10-02_14:05|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ブログ拝見させて頂きました。楽しかったです^^
よかったら遊びに来てください。

http://geinou3737.blog.fc2.com/