STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

腰を痛めて思ったこと

腰はだいぶ良くなりまして、ジム通いを再開しています。

以前から疑問に思っていたことがあって、それはジムで体幹トレーニングをしている人たちについてです。
普通の器具を使った筋トレをあまりやっていなくて、ひたすら体幹を鍛えるようなトレーニングをしている人を見かけます。

なんらかの競技者だったら、パフォーマンスを伸ばすために体幹を鍛えるのは合点がいきますが、彼ら(彼女ら)は普通の人のように見えるし、なぜ体幹を鍛えているのかよくわかりませんでした。

もしかすると、ここでは一般人でも体幹を鍛えることがブームなのかもしれませんが、仮説として、もしかすると彼ら(彼女ら)は腰痛持ちなのかもしれません。腰痛を軽減するための体幹強化なら合点がいきます。

サッカー日本代表長友の著作の中で、大学時代にひどい腰痛持ちだったが、体幹トレーニングを始めて腰痛が治ったというのがあります。
体幹を鍛えることで腰痛はある程度抑えることができるのかもしれません。

そんなのを思い出して、もしかしたらと仮説を立ててみました。 こんど、話しかけてみようかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|SPORTS|2014-09-10_12:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント